先日はすみませんでした。

 いつも皆さんには大変お世話になってます、また大変ご迷惑もお掛けしてます。今回は、私の発言で皆さんに不快な思いをさせてしまいどうもすみませんでした。

 皆さんに謝罪もしないまま、突然アカウントを削除してしまいどうもすみませんでした、とても大人気ないことをしてしてしまった自分の情けなさも感じております。

 本来なら直接、皆さん一人一人に謝罪しなければいけないのですが、このような形でしか謝罪できないことに情けなさを感じています。

 何人かの方にはお話してるのですが、私は継続した対人関係を築くのが困難な特性があります。そのことで今現在もとても迷惑をおかけしてる方もいて、とても申し訳なく感じています。

 小さいころから、周囲との関係は上手くいきませんでした、そのことが原因で小さいころは良く虐められたりもしました。数人の同級生から石を投げられて頭に怪我をしたり、ガラスに顔をぶつけられて頬にガラスが刺さったりしたこともあります。

 子供が、そういう目に遭ってるときは、本来なら親や教師が出てきて助けてくれる筈ですが、そのようなことはありませんでした。

 私の家は北海道の山と畑に囲まれた人口2000人程度の田舎町で、父親は私が小さいころから仕事で東京に出ておりました。

 母親は宗教に傾倒していて、子育てや世間にはあまり関心のない人でした。

 自尊心を形成できぬまま小さい頃を過ごし、中学を卒業すると、三重県にある工場内に高校や短大がある紡績工場に就職して寮に入り働きながら学校に通いました。

 そこには様々な事情で、自分が育ってきた地元を離れざるをえなかった人などが沢山いました。

 最初は上手くいってましたが、段々と上手くいかなくなり周囲から孤立することが良くありました。

 高校を卒業後は、塗装会社に就職したりしましたが、そこには色々な人がいて、暴力を受けたりして、肋骨にヒビが入ったこともありました。

 ずっと、そのような環境の中で生きてきて、きちんとした人間関係を築けぬまま、段々と人生に対しても悲観的になっていき何度か自ら命を断とうとしたことがあります。

 どのような環境で生きてきても周囲ときちんとコミュニケーションをとって生きてる人は沢山います、私の甘えの部分も多分にあると思います。

 今までは人間関係がダメになると修復しようと考えたことはありませんでした。

 今は人との繋がりがとても大事だと気づきました。それでも今回のようなことを起こしてしまうこともあります。

 私は常に、私の周囲の人が毎日、笑顔で一日一日をよりよく過ごせることを願ってます、もし私と関わることでそれができなくなるなら、それに対しては申し訳なく感じるし、そういうことはあってはいけないと思います。

 本当に今回はすみませんでした、大変申し訳ありませんでした。